ある女の子の話

こんばんは、このブログではお初にお目にかかります、ステージでは皆さんから向かって左のギターのハツミケイタ(別名ひだり)でございます。

今晩は、最近付き合い始めた女の子のお話をしようかと思います。

新宿で出会った女の子、こちらの一目惚れでした。その立ち居振る舞い、健康的な肌艶、そして何よりもセクシーな体のライン。

ナンパなんてしたことありませんでしたが、勝手に体が動いてしまうほどの、それはそれは衝撃的な出会いでした。

あちらはあちらで、最初の表情は『明らかに警戒している』といった顔でした。

そりゃそうでしょう、いきなりひげを生やした見知らぬ男に声をかけられたのですから。

半ば強引に連れ出して、僕が何を思ったか、どう感じたか、ありのままに話し、訴えました。

もちろんすぐには自分のことも話してくれない、表情もこわばったままでしたが、そのうちにその子の声がとても素敵なことに気がつき、感じたままに伝えると、それまでの態度が嘘のように変わり、優しい顔と声で会話をしてくれるようになりました。

一目惚れをしたほどの女性ですから、それは天にも昇る気持ちで、僕の表情も一気に緩んだのは違いありません。その日はそれだけで満足、次にまた会う約束をして、別れました。

それから1週間、出会った場所と同じ所で再会。

前回とはうってかわった様子で、会話も弾み、お互いのこと、生まれてから今までのことを思う存分語り合いました。

十分に打ち解けたところで、あちらも僕の気持ちが伝わったのでしょう。

気がついたら部屋で2人きり。

お互いの感触を確かめるように、甘い甘い時間を過ごし、聞いたことのない声を聞かせてくれるまでになりました。

この子とこの先も一緒に居ようと、心に誓いました。

彼女の許可もおりたので、紹介します。

皆さん、お分かりいただけましたでしょうか?

美しいでしょう?

今後、我々百花花魁において、登場する機会が間違いなくあると思います。

そのときは、彼女含めどうぞよろしくお願いしますね笑

以上、最近付き合い始めた女の子のお話、終わります。

ひだりこと、ハツミケイタでした。