あがる?あがらない?

今晩は、向かって左のギター、ハツミケイタです。

実は最近、岐阜にいく機会がありまして、「うだつ」の街を見学してきました。

「うだつ」って、よく『あいつはうだつのあがらないやつだ』など、良い意味で使用されることはありませんよね。

そもそも、「うだつ」とは何なのか。

↓これです。

平安時代の頃より、日本家屋につけられた自分の家と、おとなりさんの家の屋根の間に取り付けられた小さい柱のことを言うそうです。この頃は主に木製でした。

時代とともに移り変わり、江戸時代の半ば頃には、火を防ぐことのできる素材で作られ、火事になった際、隣家に燃え移らないよう、防火壁としての意味合いが強くなったようです。

しかし、その「うだつ」は取り付けるまでにそれなりの出費があることから、お金に余裕のある家しか取り付けることができませんでした。

これが転じて「生活が向上しない」「見栄えがしない」などの意味あいで、「うだつが上がらない」という慣用句ができたそうです。うーん、実に面白い…

物事にはすべてに意味があって、より掘り下げていくと面白い由来が発見できるものですね笑

われわれ百花花魁も、最近いろいろ仕込んでおります。

どうにかこうにか「うだつ」があげられるよう、頑張ります。